最先端治療代「セプタス」

「セプタス」を詳しく見る最高級の診療台にふさわしい完全個室の身体に優しい診療空間をつくっています。


 

対話型回転式診療台(完全個室)

「回転式診療台」を詳しく見るインフォームドコンセント(説明と同意)を重視した対話型回転式診療台(完全個室)です。


 

最先端の歯周病治療 パーフェクトペリオ

左のオレンジ色の器械が高純度活性化HClO水生成装置で、この器械で生成された高純度活性化HClO水を、下の白い器械(バリオス750 ライト付き)を通して口腔内に使用します。この高純度活性化HClO水は、炎症の抑制や細菌の数を低下させます。バリオスを使用することで、大量のプラーク除去や、広範囲にわたる洗浄が、非常に効果的に短時間で行なえます。
洗浄、炎症の抑制、細菌数低下、プラークの除去、歯石の除去、根管内の洗浄、手術中の洗浄などに効果を発揮します。

「パーフェクトペリオ」を詳しく見る

 

「自然治癒力」「生命力」を引き出す バイオレゾナンス・メソッド

西洋医学が長らく見落としてきたもの―人間の「自然治癒力」「生命力」を確実に引き出し、整えていく新しい健康法、それがバイオレゾナンス・メソッドです。
バイオレゾナンス・メソッドは、医学先進国ドイツで振動医学として医療革命を起こしつつある画期的な波動療法で、自然治療の治療家たちがバイオレゾナン ス・メソッドを使って多大な成果を上げるだけでなく、一般の病院でも数多くの医師がそれを取り入れ、数々の臨床例がその効果を実証しています。

「バイオレゾナンス・メソッド」を詳しく見る

 

クリスタルアイ

歯のつめ物やかぶせ物の色を決めるとき、従来は歯科医や技工士が目で見て、「これくらいの色がいいだろう」という、言わば「勘」で選んだり、患者さんと相談しながら十数色の色見本の中から選んで、技工所へその色で発注するというやり方が一般的でした。

しかし、部屋の明るさや歯を見る角度、その日の体調や気分や目の疲れ具合などによって、微妙に色が違ってしまうこともあります。また歯は、根本、中ほど、 先端部分でそれぞれ色の明るさや色が違います。 そこで、当医院では歯の色合わせ専用のカメラ、最新機器の「クリスタル・アイ」を導入しました。
隣の歯と限りなく近い色を機械で測定し、究極の色合わせをしてセラミックスの色を選ぶことができます。

「クリスタルアイ」を詳しく見る

 

ヒールオゾン

虫歯になるとかたい歯が柔らかくなります。その柔らかくなった歯を取り除かなければなりませんが、今までなら削ることで取り除いていた虫歯が、オゾンに よって100%回復するようになりました。ヒールオゾンによって、削る量を最小限に減らすことができます。また歯の根の先に溜まった細菌にも効果を発揮し ます。まさに歯科革命を起こす夢の器械で、中垣歯科医院は、日本で10番目に「ヒールオゾン」を導入しました。


「ヒールオゾン」を詳しく見る

 

デジタルパノラマレントゲン

世界のトップランクにあるフィンランドのプランメカ社の最先端テクノロジーを駆使した、 デジタルパノラマX線装置、プロラインダイマックスを導入し、より患者様に優しい環境になりました。 従来のレントゲンに比べ被爆量が3分の1から10分の1以下となっています。 また今までの現像液なども使わず、医療廃棄物もなく、自然界にも優しいです。 撮影した画像は全てコンピューターで管理し、現像時間もないので、すぐにチェアーサイドのコンピューター液晶画で ご覧いただけます。レントゲン画像の劣化の心配もございません。

「デジタルパノラマレントゲン」を詳しく見る

 

オーラルテクター(口腔内電流測定)

不適合金属により発生するガルバニー電流はカラダの痛み、疲れ、不眠、イライラといった様々な神経症状を引き起こします。
歯にたまったガルバニー電流を放電することにより症状が改善すれば原因はガルバニー電流であると診断できます。


ガルバデトックス(GALVA-DETOX)の帯電除去棒でも、電流を除去することができます。


「オーラルテクター(口腔内電流測定)」を詳しく見る

 

顕微鏡

 

 

 

顕微鏡検査で歯周病菌のチェックをします。動いているのが歯周病菌です。 歯周病になると、口の中にこのような細菌がすみつきます。

口腔内細菌の改善例を見る

 

レーザー治療

当歯科医院では安全、快適、効率的な歯科治療を実現するためにレーザー治療を導入しております。 レーザーは最先端の医療システムで、今までにない治療ができます。


「レーザー治療」を詳しく見る

 

カボダイアグノデント(デジタルむし歯診断器)

「技」と「勘」に頼るだけの診断のままで良いのでしょうか?カボダイアグノデントは視診の2倍の確率で、 痛みもなく、歯質変化を発見し、数値化して正確な診断を助けます。

心臓なら心電図を用いて状態を把握するように、歯の状態も数値化して正確に把握することが、 これからの常識と考えます。
カボダイアグノデントなら今までの審査の流れを変える事なく、 レーザーで正確に診断します。


「カボダイアグノデント(デジタルむし歯診断器)」を詳しく見る

 

ロンドフレックス

小さな虫歯はロンドフレックスで治療します。
タービン(従来の切削器具)を使わずに着色か軟化象牙質(虫歯により軟らかくなった歯質) だけを、ロンドフレックスのノズルから出てくる粒子によりとばし、レジン(樹脂)を詰めます。 健康な歯質は一切削られず、虫歯だけをとばします。


「ロンドフレックス」を詳しく見る

 

やさしい注射 電動注射器

歯科医師として患者さんに正確で繊細な治療をしようと思えば、麻酔をしない方がより繊細な治療ができます。麻酔をすると痛みがなくなるために、神経からの距離が分かりにくくなって、歯を多く削りすぎてしまうことがあります。

より繊細な治療を行なうために、当院では麻酔をおすすめしない場合もありますが、患者さんのご希望を最優先しますので、痛みに弱い患者さんはお気兼ねなくお申し出ください。痛みを感じないよう、下記のほうな方法で、すべての治療に麻酔をさせていただきます。

「電動注射器」を詳しく見る

 

嫌気培養機

自費治療の場合、中垣歯科医院では、神経を取った歯の根の中(根管内)が無菌になったことを、根管内培養検査で目で見て確認しています。

「歯の根と神経の治療」を見る

 

EAV(フォル式電気経絡検査器)

これまで、科学的に測定できなかった東洋医学的な原因――経路の乱れを器械で測定できるようになりました。


「EAV(フォル式電気経絡検査器)」を詳しく見る

 

治療点検検索装置 ゼロテクター(1号機)

皮膚の厚さ、水分量、電気伝導等によって患者様の皮膚で生じる伝導率の測定及び確認をする医療器具です。

生体電流生体電圧を計測し、全身の機能チェックすることができる日本初の医療機器です。

陰山先生が考案、開発されたゼロテクター1号機を当院に納入させていただきました。


「ゼロテクター」を詳しく見る

厚生労働省でも安全性が実証された機能水「コアクリーン水」

コアクリーン水コアクリーンで生成した「コアクリーン水」は、治療器具をはじめ、院内の椅子や床、スタッフの手洗いやうがいに利用しています。

・厚生労働省に認められた安全性
※厚生労働省より2014年6月10日に食品添加物指定正式認可(官報3378号)

・院内を清潔に保つための清掃・除菌効果

・弱酸性なのでお肌にやさしい


「コアクリーン水」を詳しく見る

 

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト