歯周病は全身疾患に関係しています
歯の詰め物やかぶせ物の金属があなたの体に合っていないと、金属アレルギーが出ることがあります。アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、頭痛、肩こりなどが病院に通ってもなかなか治らない方は、歯の金属アレルギーを疑ってみてください。

もっと知りたい!金属によるアレルギー 歯科材料で変わるあなたの健康 「金属アレルギー」サイトへ

 もっと知りたい!毒性歯科材料


金属アレルギー・アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症

アトピー性皮膚炎、いわゆるアトピーは、花粉症などのアレルギー疾患とともに増加しています。アトピー性皮膚炎の原因としてダニやハウスダストなどが有名ですが、意外に知られていないのが歯科材料(特に金属)です。一般的な治療を行っても、改善が見られない場合は、歯科材料が影響している可能性があります。アトピー性皮膚炎の治療は、現在もなおステロイド外用剤を中心とした対症療法ですが、最も大切なのは原因を見つけ出し除去する事です。


アトピー性皮膚炎の症状改善例1

アトピー性皮膚炎の症状改善例1

アトピー性皮膚炎の症状改善例2

アトピー性皮膚炎の症状改善例2

アトピー性皮膚炎の症状改善例3

アトピー性皮膚炎の症状改善例3

アトピー性皮膚炎の症状改善例4

アトピー性皮膚炎の症状改善例4

アトピー性皮膚炎の症状改善例5

アトピー性皮膚炎の症状改善例5

掌蹠膿疱症の症状改善例1

掌蹠膿疱症の症状改善例1

掌蹠膿疱症の症状改善例2

掌蹠膿疱症の症状改善例2
中垣歯科医院の金属アレルギー治療についてはこちらをご覧ください。
このページのトップへ

歯科領域が関与するアトピー

1) 歯科材料(特に金属)アレルギー
アレルギーテストを行って原因物質を除去

2) 病巣感染による皮膚炎、口腔内の慢性炎症(根尖病巣、歯周炎など)
炎症の治療

3) 歯科材料(特に金属)がアンテナとなって起こる電磁波過敏症によるアレルギー
原因となっている歯科材料を除去し、生体に適合する歯科材料に置換

4) 歯科材料(特に金属)の沈着(内臓や脳など)による免疫機能障害による皮膚炎
デトックス(毒物排出)
特に蓄積している有害金属の排出
サプリメント(中国パセリなど)、漢方薬、食事指導、キレーション、海洋深層水、腸内環境
改善、冷え取り治療などを医師と連携をとり有害金属の排出を促す。

毒性金属があなたの身体を蝕んでいます!

最近、健康や美容を目的としたデトックス(排毒⇒特に有害金属の排出)がマスコミや女性誌で話題となっています。デトックス(排毒)は、アンチエイジング(抗老化)に大変有効です。

毒性金属

でも、あなたのお口の中に入っている詰め物や被せ物の金属を除去しないまま、どれだけデトックス(解毒)を行っても効果的ではありません。真のデトックス(排毒)と、真のアンチエイジング(抗老化)は、あなたの身体に合わないお口の中の金属の除去から始めましょう!

歯に詰められた金属が溶け出し、金属アレルギーや歯肉の黒い着色を起こしたり、脳、肝臓、腎臓などの臓器に蓄積し、臓器機能障害を引き起こします。体内に蓄積された重金属により発生する活性酸素はDNAを傷つけ、ガンの原因にもなります。そして老化をスピードアップし、免疫力低下を招いています。

体内に蓄積された有害物質は、皮膚からも出て行こうとします。そのときにアレルギーを起こして出てくる症状が、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、皮膚の黒ずみなどです。


アトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、歯肉の黒色変化

毛髪検査で有害ミネラルの体内蓄積度がわかります。必須ミネラルの過不足もわかります。毛髪検査をご希望の方、詳しく知りたい方は、中垣歯科医院のスタッフまでお知らせください。

お口の中で電流が発生!

歯に詰められた不適合金属によって発生する口腔内電流(ガルバニー電流)は、不眠、イライラ、頭痛、肩こりなどを引き起こし、自律神経のバランスを崩します。

心電図は心臓の電気の図です。脳波も脳で発生する微弱な電流を測定しています。心停止や脳死といった生死を判定する重要な臓器の間に歯が存在しています。

歯の金属の詰め物によって発生する電流が、許容範囲(ドイツでは3μA 89mV以上が有害とされている)を越えた時、脳や心臓をはじめ全身(頭痛、肩こり、膝や腰の痛み、胃痛、眼症状、耳症状、肝臓、腎臓、婦人科の症状、大腸、小腸など)に多大な悪影響を及ぼします。

脳は微弱な電流によって体をコントロールしています。人の体は電流の影響を受けやすく、しかも口の中は脳に近いので、ガルバニック電流のせいで脳からの指令が混乱してしまいます。飛行機の離着陸時に、誤作動が起こさないように携帯電話やパソコン等の電気製品のスイッチを切るように、口腔内の電流の発生源も対処すべきです。

医師と歯科医師ダブルライセンスを所得している京都大学非常勤講師の陰山泰成先生による口腔内電流関連記事が日経ヘルスに掲載されました。中垣歯科医院も紹介されています。


お口の中の電流対策法

電流計測・放電オーラルテクター

■不適合金属を除去
歯の詰め物や被せ物を、高カラット金プラチナ合金、またはメタルフリー=ノンメタルにかえます。
>>詳しくはこちらをごらんください。

■口腔内をきれいに(除菌治療)
お口の中が不潔になると、PHがさがり、酸性に傾いて電流が発生しやすくなります。特に朝は電流が大きいので、起床後すぐに歯磨きをしましょう。舌の掃除や舌苔もとってくださいね。

■唾液をよく出す
唾液が少ないと電流が大きくなります。水をよく飲み、ストレスが大きいと唾液の量が減ってしまいますので、ストレスを解消したり、食事の時によく咬んで唾液を出しましょう。

■裸足で過ごす
素足で過ごすと体内の電気を放出しやすいということ、ご存知でしたか?ご自宅に帰られたら、靴を脱いで靴下も脱いで、お風呂場でさっと足を洗ってから気持ちよく素足で過ごしてください。

■予防=究極の対処法
本来、すべての人に、削っていない白い歯が28本あるのです。あなたの努力で虫歯や歯周病は減らせます。たとえ1本でも、詰め物を増やさないようにがんばりましょう!


電磁波にも気をつけて

いたるところに存在している電磁波がお口の中の金属に集まってきます。

あなたの身体に合っていない金属は、電磁波を集めてくるということが多く報告されています。
歯に詰められた金属は、パソコンや携帯電話などの電化製品から発生する電磁波のアンテナとなり、身体に不調をもたらします。特に高圧線付近、電車、など注意が必要です。

電磁波過敏症と診断された患者さんの、お口の中の身体に合わない金属を除去すると、多くの症状が改善されたり治ったりします。
慢性疲労症候群の9割は電磁波過敏症であるという医師さえいます。


もっと知りたい!金属によるアレルギー 歯科材料で変わるあなたの健康 「金属アレルギー」サイトへ

豊中市の歯医者で健康な歯を手に入れるなら中垣歯科医院

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト