歯の状態
なるべく削らない無痛むし歯治療
むし歯になりかけのとき、初期のむし歯、小さなむし歯、大きなむし歯…すべて同じように処置するのではなく、むし歯の進行度合いによって治療の進め方が違います。中垣歯科医院では、なるべく削らないむし歯治療をしています。


初期むし歯は、削らなくても治ることがあります

無痛虫歯治療

なるべく削らない無痛虫歯治療を追究 全く削らない無痛虫歯治療を実現

全く削らない虫歯治療が可能となりました

むし歯になりかけのとき、初期のむし歯、小さなむし歯、大きなむし歯…すべて同じように処置するのではなく、むし歯の進行度合いによって治療の進め方が違います。

これまで中垣歯科医院では、どの進行度合いによってもなるべく痛くなく削らないむし歯治療を追究してきました。

全く削らない虫歯治療とは?ドリルを使わずに虫歯を飛ばし、殺菌します

詳しくはこちら

どの進行度合いでもできるだけ削らない虫歯治療を実践

初期虫歯は…

ほとんど削ることはありません

初期虫歯は、削らなくても治ることがあるからです。
虫歯菌(原因)の除去と再石灰化(治る力)を促進することで虫歯を治します。

一般的には、歯磨きによる虫歯菌(原因)の除去やフッ素による再石灰化(治る力)促進ですが、もしご希望の方には、最新器材を使用したさらに高度な原因除去・再石灰化治療をご提案することができます。

詳しくはこちら

進行した虫歯も…

最新治療で削らずに治します

虫歯が進行し、一般的には削る必要のある虫歯の場合でも、最小限の削る量で治療を行います。
ご希望の方には、ドリルで削ることなく治療できる最新治療をご提案することができます。
全くドリルで削らない最新治療では、ほとんど痛みもありません。

*

詳しくはこちら

深い虫歯も…

削る量を最小限に抑えます

歯髄(神経)を取らなければならないような深い虫歯でも削る量を最小限にして、できるだけ歯髄(神経)を保存するように努めます。
中垣歯科医院では、抜髄治療(生きている歯髄(神経)を取る治療)はほとんどありません。
歯髄(神経)を取らなければならないと言われた場合には一度ご相談下さい。

*

治療症例を詳しく見る

患者さんに安心して頂くために虫歯診断と治療の見える化も実現!

最善の治療をご提供します!

見える化を実現することにより、勘に頼るのではなく、確かなデータや経験則から最善の治療方法をご提案することができます。

虫歯診断の見える化

特殊な口腔内カメラを使用して代表的な虫歯菌であるストレプトコッカス・ミュータンスが発生するポリフィリンを視覚化することが出来ます。

数値と色で、虫歯の範囲や深さを示します。

詳しくはこちら

虫歯治療の見える化

虫歯治療を行う場合には、虫歯の状況や治療中の様子をチェアーサイドのモニター画像で実際に患者さんにご確認頂きながら治療を進めていきます。

*

個々の患者さんにとって、どのような治療方法が最も良いのかなど、治療の段階ごとに患者さんと一緒にその画像を見ながらお話し合いをしていきます。

実際例を見る

適切な虫歯治療のためには虫歯の診査・診断が重要

当院では、各種検査を行い、虫歯のリスク評価や進行度を調べることで、できるだけ正確な診断と予後予測を行います。

リスク評価や進行度の把握が、正確な診断と予後予測に繋がります

虫歯リスクの評価

患者さんそれぞれの虫歯のなりやすさを評価します。
一般的に、患者さんの歯磨き状況(プラークコントロール)や生活習慣調査、過去の虫歯状況などから、個々の患者さんにおける虫歯のなりやすさを把握していきます。

ご希望の方には、虫歯菌の遺伝子検査、虫歯への抵抗力の検査(唾液検査)などの追加検査により、精度の高い虫歯のリスク評価をすることができます。

虫歯の進行度評価

現在の虫歯状況をできるだけ正確に評価します。
一般的に、視診、触診、X線検査により、現在の虫歯の進行度を評価します。

ご希望の方には、最新デジタル診断器や最新画像検査を駆使して、より正確に虫歯の進行度を評価することができますし、見える化することができます。

important

重要なことは、長期的にその歯が健康な状態を保つ事ができるような治療を行うことです。
虫歯のリスク評価と進行度評価の精度を高めることで、早期に適切な治療方法の選択をすることができます。

各種検査について詳しく見る

虫歯治療に伴う 痛みや恐怖心を和らげる努力をしています

より繊細で理想的な治療は、麻酔をせずに無痛で治療を完結することです
歯科医師として患者さんに 正確で繊細な治療をしようと思えば、麻酔をしない方がより繊細な治療ができます。麻酔をすると痛みがなくなるために、神経からの距離が分かりにくくなって、歯を多く削りすぎてしまうことがあります。また、麻酔薬に含まれる成分により血流が悪くなるため、歯にとっても良くありません。

不安なことはお気軽にご相談ください

従って当院では麻酔をおすすめしない場合もありますが、患者さんのご希望を最優先しますので、痛みに弱い、あるいは恐怖感が強い患者さんはお気兼ねなくお申し出ください。

やさしい注射 電動注射器

ほとんど無痛

当医院では、歯ぐきに注射をする前に、表面麻酔で注射針による痛みをやわらげ、その後、細い針で静かに注入する最新ハイテク電動注射器による、ほとんど無痛の麻酔注射を行っています。
注射のカートリッジも無痛温度と言われる37℃に保温して保管しているため、注射が苦手な人でもほとんど痛みを感じずに注射をすることができます。

電動注射器

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト