2018.05.01

鶴舞歯科(名古屋)の文岡先生と

4月26日の木曜日は、名古屋にある鶴舞歯科の文岡先生に会いに行ってきました。

文岡先生も私と同じ藤井先生の一番古い弟子で、もう20年以上の付き合いです。文岡先生は、Oリングテストの認定医に加え、歯科鍼灸師という資格も取得され、プロボクサーや現在では女子陸上100mで、とても期待されている市川華菜選手を、かみ合わせ治療や鍼灸など様々な面からサポートされています。

歯科医がスポーツ選手のサポートをするというと、一見不思議に思われる方もいるかもしれませんが、歯と全身はつながっていますのでかみ合わせが良くなければバランスが崩れ、力を発揮しにくくなりますし、そういう面では一流のアスリートになればなるほど歯を気にする方は多いです。

今回は、久しぶりに鶴舞歯科に伺い、近況報告や意見交換をし、歯科領域からだけでなく鍼治療などを取り入れて、全身へのアプローチを研究をする文岡先生のお話はとても興味深く、その姿勢にとても刺激を受けました。

今回の名古屋めしは、名古屋市千草区にある「うな河」さんでうな丼をいただきました。有名店というわけではないようなのですが、カリっとフワッとしていて関西のものとも違って、とてもおいしくこれまで食べたウナギではトップかもしれません。文岡先生、いい刺激と楽しい時間をありがとうございました。

 

文岡先生1 文岡先生2

2018.04.28

1歳半検診に行ってきました

4月25日は午前の診療を終えてから、千里文化センターに 豊中市の1歳半検診に行ってきました。

1歳半というと、乳歯も生えそろっていない状態ですが、虫歯の有無・清掃状態をチェックしお母さんに状態を伝えます。今回の検診でもほとんど問題のあるお子さんはいませんでした。

お母さん方は、虫歯や、歯磨きがしっかりとできているかどうかを気にされる方が多いです。それはもちろん大切なことですが、虫歯は食習慣、生活習慣の結果ともいえますので、私はそれよりも食事や、特に甘い物の食べさせ方や、習慣に気を付けてくださいと伝えています。

食べるときは一時にまとめてあげて、子どもが喜ぶからと、だらだらと長時間にわたり与えてしまうことは良くないです。習慣化してからやめさせるのは子供にとって、とてもつらいことで、子供はいつか甘い物も覚えますができるだけその時期を遅らせてあげた方が良いと思っています。市販のお菓子には、白砂糖やトランス脂肪酸も含まれていることが多く、健康への影響が気になります。大変ですがお子さんに良い習慣をつけて、健康な体を作ってあげたいですね。

1歳半検診

 

2018.04.28

送別会

4月21日の土曜日は、診療後 送別会を行いました。

今回はこれまで8年間衛生士として勤務してくれたKさんが結婚に伴う転居、また開業当初より通算15年に渡り受付を支えてくれたTさんが、ご主人の転勤に伴う転居ということで、中垣歯科を退職されました。

患者様からもスタッフ間でもとても信頼が厚く、大活躍してくれていた二人なので、結婚やご栄転というおめでたい理由での退職なのですが残念でなりません。送別会では別のスタッフが作成した送別ムービーを見て涙したり、思い出話をして大笑いしたりしていました。

お二人が頑張って支えてくれた中垣歯科医院を、これからも頑張って盛り上げていきますので見守ってくださいね。

今まで本当にありがとう!これからの人生が幸多いものになりますように!!

送別会1 送別会2

2018.04.28

歯科衛生士の勉強会がありました

中垣歯科医院は木、日、祝日は休診日ですが、4月19日(木)の休診日は歯科衛生士の技術向上の為、講師を招いて研修と相互実習を行いました。

以前のブログで書きましたが、中垣歯科では、予防や定期的なお手入れにはとても力を入れていることもあり、その中で歯科衛生士の役割はとても大きいものです。熱心なスタッフに感謝です。

歯のことで普段気になっていることや疑問などお気軽にご質問ください。

 

実習

 

 

2018.04.19

藤井佳朗先生 

今日は、新神戸歯科の院長、藤井佳朗先生が、中垣歯科医院に来られました。

藤井先生は、私が「歯と全身」「噛み合わせ」「オーリングテスト」を教えていただいた師匠です。20年以上お世話になっている先生で、現在では海外からも基調講演を依頼されるほど、この分野では有名な先生です。

少し難しい話になりますが、最近の藤井先生は、12対ある脳神経のうち、口腔周囲を支配している三叉神経が脳神経中で、圧倒的に太いことに注目し、口腔からの信号が他の領域に比べ圧倒的に多くの信号を脳に送っているのではないか。だとすると、 口腔からの刺激は、他の領域に比べ圧倒的に脳を刺激するはずので、口腔周囲から脳に向かう有害な刺激を除去することは、体を健康にし、脳機能も改善するのではないかということを、脳外科医の先生とも協力して研究されています。

まだまだ、研究途中ですが私もこの考えには深く共感できますし、実際 口腔環境の改善は体の自然治癒力の向上にも大きく影響することは明らかなので、あらゆる病気に対して有効な治療法になるのではと思います

脳

実は、副院長の内藤先生との出会いにも藤井先生が大きくかかわっているのです。

内藤先生は、新潟出身で元々は臨床検査技師として働いていましたが、書店で藤井先生の本を見て、歯と全身や噛み合わせの調整から全身の不調を治療する藤井先生に興味を持ったことをきっかけに、歯科医になりました。その後、内藤先生が、神戸の藤井先生の診療所に見学に来て、藤井先生の紹介もあり、藤井先生の弟子としては一番古株だった当院で勤めてもらうこととなったのです。

以前、「OMSBに込めた思い」という題でブログにも書きましたが、医科と歯科、東洋医学と西洋医学の融合を進めていくには、藤井先生や白石先生、内藤先生との出会いはどれがかけても叶わなかったかもしれません。そう思うと人との出会いは本当に貴重で、一期一会の考えを大切にしないといけませんね。藤井先生1

左から 白石先生・藤井先生・私・みきこクリニック院長

藤井先生2

久しぶりの内藤先生・藤井先生との3ショット写真でした

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト