中垣歯科医院 治療症例

歯と身体に優しいミネラルホワイトニング

非金属(ノンメタル)の100%ジルコニアインプラント

金属(チタン)のインプラントと毒性歯科金属の詰め物・かぶせ物の除去により電磁波過敏症の症状が著しく改善した症例

 

歯科金属が身体に及ぼす悪影響

詳しく見る

詳しく見る

歯に金属をだけでも悪影響があるものを、ましてや骨の中に金属を埋め込むインプラント治療にはさらに慎重になるべきだと考えています。
従って、金属をアゴの骨の中に埋め込むチタン(金属)インプラントは当院では行なってきませんでした。
(希望者には他院を紹介させていただいております)

 

インプラントの利点

歯を失った時の選択肢として、  
ブリッジ・入れ歯・インプラントがあります。

なかでもインプラントは、永久歯を失ったあとの第2の永久歯として注目されています。
再び自分の歯のように噛めて、まわりの健康な歯を削らなくて済む、 話題になっている治療法です。

 

インプラントの利点

 

インプラントとは、抜けてしまった自分の歯の代わりに、
アゴの骨に埋め込む人工の歯根のことです。

治療は、
アゴの骨に埋め込んだインプラント本体に、
セラミックなどの人工の歯冠を被せます。

自分の歯のようにしっかり噛める。
入れ歯のような取り外しの必要がない。
健康な歯を削らなくてもいい。
ブリッジのように連結しない。

インプラントの種類

種類 材質

金属のインプラント

現在行われているほとんどのインプラントはチタン(金属)です。

人工ダイヤモンド素材のインプラント

関西初!
当院は、スイスの Z system社により、ジルコニアインプラントの取り扱いクリニックとして、全国で歯科医院第1号として認定を受けています。

 

. チタンインプラント

現在行われているインプラントは、
ほとんどがチタンインプラント(金属)です。

 

 

 

大学病院、インプラントセンター、一般の歯科医院で多く行われており、今やチタンインプラントは市民権を得ています。

チタンの特徴

耐食性に優れ、経年劣化がほとんど見られない。 生体親和性があるため、身体になじむ金属として 近年医療の現場で大変注目されている材料。

しかし

最近では、チタンはフッ素により溶解するという報告も あります。
(フッ素は一部の歯磨き剤に含まれています)

また、チタンのある種のものではアンテナの材料として 使われているため、口の中の金属インプラントが周囲の電磁波を集めてくることが示唆されます。

近年、歯科界におけるインプラント治療はめざましく発 展し、自分の歯のように噛むことができるようになった 人は数多くおられます。

その一方で、全国で行われているインプラント治療全体の 数からすれば、ごく僅かなケースかもしれませんが、 治療後にめまい・頭痛・耳鳴りなどの症状を訴えて 当院に来院される方も少なくありません。

さらに

当院では歯科材料にこだわった治療をおこなっているため、歯の詰め物が原因で、全身に様々な症状を訴えて来院される患者様が多数います。

そして歯科材料の置換により、症状の改善または完治される 患者様を数多く経験しています。

以上のことから

当院では金属の怖さをよく知っているため、
インプラント治療は控えてきました。

当院では、下記のように考えています

身体に合わない金属を歯の詰め物として入れることは 次のような理由から良くないと考えています。

・電磁波を集めるアンテナとなる
・口腔内で電流を発生させる
・金属イオンとなって溶け出す

ましてや、骨の中に埋めるインプラントではさらに症状が強まることを懸念しています。

そして!!

2008年、金属を使わないジルコニアインプラント  
(=人工ダイヤモンドと同じ素材)と出会いました。

. ジルコニアインプラント

ジルコニアの特徴

人工ダイヤモンドとも呼ばれ、従来の金属(チタン)よりも、 審美性が良いだけでなく、更にすぐれた生体親和性があり、 強度は従来のチタンの3倍以上。
インプラント体に汚れが付きにくいため衛生的で安全な材料。
また、ジルコニアは滞っている気の流れを改善することが、ロシア製医療検査機器のAMSATで確認されています。

 

ジルコニアインプラント
日本ではまだ認可がおりていませんが、アメリカやヨーロッパの歯科先進国では認可されており急速に広がっています。

当院では『身体に良い』ということで ジルコニアを取り入れていますが、 海外では『色が白くて審美性が良い』 という理由で広まっています。

 

全身歯科治療の立場から

当院では歯と全身を考慮した歯科治療を行っていますジルコニアインプラントと言えども、身体にとっては異物であることに変わりはないので、積極的に行なってはおりません。

若い方で虫歯や事故で歯を失ってしまった場合などで、 ブリッジのために欠損部位の両隣の健康な歯を、 どうしても削りたくない時にはインプラントも良いかもしれません。
しかし、年配の方にはお薦めしていません。

そこで、患者様と入念なインフォームド・コンセントを行い、インプラントの利点・欠点を十分理解していただいた上で、希望される方には適応症例を選んで、慎重にジルコニアインプラントを行なっています。

 

ジルコニアインプラント症例

横から見た様子

 

咬合面から見た様子

 

拡大して見た様子

 

レントゲン画像

 

インプラント治療に際しては

インプラントは健康な歯を全く削らずに自分の歯のように噛むことのできる素晴らしい治療法です。

インプラントは健康な歯を全く削らずに自分の歯のように噛むことのできる素晴らしい治療法です。

インプラントに不安がある方には、入れ歯治療をおすすめしています。

歯と全身症状を考慮した中垣式入れ歯治療

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト