歯の状態
なるべく削らない無痛むし歯治療
むし歯になりかけのとき、初期のむし歯、小さなむし歯、大きなむし歯…すべて同じように処置するのではなく、むし歯の進行度合いによって治療の進め方が違います。中垣歯科医院では、なるべく削らないむし歯治療をしています。


無痛虫歯治療

深い虫歯でも神経(歯髄)を取らない治療の実際

神経を取らなければならないような深い虫歯の場合でも、出来るだけ神経(歯髄)を保存するように努めます。

「できるだけ神経を取りたくないのですが…」

中垣歯科医院にはこのような訴えを持つ患者さんが多く来院されます。 例えば以下のようなケースをご覧下さい。

症例:神経に及ぶ深い虫歯

拡大写真

特に左上犬歯に深い虫歯が認められます。
神経(歯髄)に及ぶような深い虫歯です。

*

治療の流れ
  • *

    ある程度虫歯を取り除きましたが、まだ残っています。しかし、すべての虫歯を一度に取り除こうとすると神経が露出(露髄)してしまい、神経(歯髄)を残すことが難しくなります。

  • *

    そこで、オゾンガス(ヒールオゾン、オゾンニトロン)と覆髄剤で殺菌、石灰化を図ります。覆髄剤には種類がありますが、この方には、ドッグベストセメントを使用しました。

    ※ オゾンとドッグベストセメントは自費診療になりますが、覆髄剤には、保険診療で使用が認められているものもあります。

  • *

    グラスアイオノマーセメントで裏層しました。

  • *

    レジン充填して、治療は終了です。
    ※ 審美性が良くない場合や、虫歯が確実に治っているかを確認するためには、1年後に再修復治療を行います。

  • 治療後です。遠方からの患者さんでしたが、前歯の治療が1日で終わり、大変喜んで頂けました。

    *

治療結果に満足しました

深い虫歯の場合、すべて神経(歯髄)を残せるというわけではありませんが、当院では神経(歯髄)を残す為に出来る限りのことを行いたいと考えています。

 

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト