.妊鵐織襯妊肇奪ス

口の中には毒がいっぱい!?

口腔内毒素の除去、即ち、毒性歯科材料(特に金属)除去、病巣の除去、口腔内細菌、智歯周囲炎叢の改善、歯科的経皮毒対策などを行います。

「40代・デトックス処女!」横森理香,河出書房新社 こちらの本で中垣歯科医院が紹介されています。

 

美容や健康のために、衣・食・住など素材に気を付けている方々はたくさんおられます。これらは毒を身体に入れない努力です。
また、最近では、毒を出す努力(全身的排毒)も多くの方がやられています。
もちろんそれらも大切なことです。

歯科材料(特に金属)は24時間365日,ずっと口の中に存在しています。
もしも毒性歯科材料(特に金属)がお口の中にあるとしたらどんなに衣・食・住の素材にこだわっても美容・健康・アンチエイジングの効果は半減してしまいます。
アンチエイジングのために最初にすべきことは毒性歯科金属の除去という口腔内のデトックスです!!

金属を全く使わないオールセラミックスによるノンメタル治療で見栄えの悪い金属を除去するとともに、身体に悪い害を取り除くことができます。

毒性歯科材料(特に金属)除去

こんな感じに当たり前のように歯に金属の詰め物が入っています。
見栄えも良くないですが、このような口の中の金属(アマルガム,パラジウム,銅,銀、ニッケル,クロムなど)は、身体にとって悪影響を与えていることはご存知でしょうか?

毒性歯科金属について詳しくはこちらへ

歯科材料サイト

 

毒性歯科金属は身体の老化に拍車!! 毒性歯科金属3つの害

詳しく見る

審美歯科治療と全身治療

審美歯科を詳しく見る

歯科材料の中でも特に身体に悪影響を与えるのは歯の詰め物や被せ物に使われている歯科金属です。

ゞ眤哀ぅン溶解・沈着

口腔内電流発生

当院では口腔内電流測定器(放電機能付き)で口腔内電流を測定し、診断に利用しています。

ガルバニー電流は口腔内の異種金属の接触によって発生し、自律神経の乱れを生じます。放電することで、身体の不快症状が改善した場合には、歯科金属の悪影響が考えられます。

E甜波の集積

現在のような電磁波環境では、口の中の金属が電磁波のアンテナとなってしまいます。

電磁波過敏症と診断され当院に来院された患者さんに対して,アルミホイルを巻くことで電磁波を遮断すると辛い症状が軽減することがあります。 当院では,そのような患者さんの口腔内金属を除去すると,辛い症状が改善または完治することを数多く経験しています。

電磁波に関連した記事はたくさん取り上げられています。
記事はクリックすると拡大します

金属除去後の口腔内の変化

毒性歯科金属除去後に皮膚症状が改善することもあり,健康・美容に効果的です。

症例をもっと詳しく見たい方はこちらへ

 

金属除去後の身体の変化

当院では,このように毒性歯科材料(特に)金属除去により若々しさを取り戻した方がたくさんいらっしゃいます。

症例をもっと詳しく見たい方はこちらへ

毒性歯科材料除去後の直筆患者さんの声

 

このように、アンチエイジング・デトックスにはお口の中の毒性歯科金属を取り除き、ノンメタル治療を行うことが非常に効果的です。

※当院では、個々の患者様の身体に合わせて歯科材料を選択しています。
従って、場合によっては、ノンメタル治療ではなく、審美性は落ちますが、最高級の高カラット金プラチナ合金を使用した治療をお勧めすることもあります。

毒性歯科金属の除去で世界的に有名なスイスのパラセルサスクリニック

スイスのパラセルサスクリニックでは、ガンなどの難病や慢性病に対して、毒性歯科金属(アマルガムやパラジウムなど)を除去することで、驚異的な改善率を上げています。
このパラセルサスクリニックには、治療のために世界各国から患者さんが訪れています。

パラセルサスクリニック(日本語版)

パラセルサスクリニックサイト

 

当院は毒性歯科金属について多くの取材を受けています。詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

プレスリリース

歯科金属アレルギーサイト

歯科材料サイト

他にも口の中には毒性のものがあります。

口腔内細菌病巣
全身疾患(心臓病、肺炎、糖尿病、動脈硬化、早産など)とも関係しています。
口腔内細菌叢の改善や病巣を除去または治療することが、アンチエイジング・デトックスに効果があります。

 

新聞記事はクリックすると拡大したものをご覧いただけます。

口腔内細菌改善

除菌をすると歯肉は引き締まります。

他の患者様の口腔内細菌の動画を見る


除菌治療へ

中垣直毅論文へ

病巣の改善

根管内嫌気培養法について

 

歯の根の先に感染すると、自覚症状がなくても全身に悪影響が出てきます

歯の根の先に感染すると、自覚症状がなくても全身に悪影響が出てきます

歯の神経が死んで根の先に感染した場合は自覚症状が無いものが多く、患者さんがきづかないうちに全身のいろいろなところに悪影響を及ぼします。


ボーンキャビティとは

歯は骨に直接固定されているわけではなく、歯の側の繊維と骨の側の類似の繊維が相互に絡まって固定されています。ハンモックのような構造が、歯周靭帯と呼ばれるものです。抜歯されるときに、この靭帯が取り除かれないと、正常な治癒が起こらず、結果として穴が残ります。この穴はキャビテーションと呼ばれます。

1966年にアメリカで行われた調査では、抜歯された691例のうち77パーセントにキャビテーションがあったか、完全に治癒していなかったかのどちらかだったとのことです。親不知がいちばん治癒しにくいところで、354例中実に313例にキャビテーションが見られました。キャビテーションは見つけるのが非常にむずかしいものです。日本では、その存在すらあまり知られていません。

このキャビテーションは数ミリから数センチメートルあります。キャビテーションの中にあるものは生体にとって非常に毒性がありますが、幸いなことに、この部分の血液の循環は非常に限られているため、毒素の体内への侵入には時間がかかります。キャビテーション内の毒素が病気の原因になることがありますが、ほとんどの場合は最初に歯の治療をした日からかなりたって異常に気がつきます。

人によってはすぐに反応を起こす場合もあります。キャビテーションの毒素によって引き起こされる病気には多発性硬化症やルーゲーリック病などの自己免疫疾患が多く見られます。キャビテーションの部分をきれいにすることによって、自己免疫疾患が改善されることはめずらしくありません。

根治療したすべての歯が感染しているとは限りませんが、キャビテーションがある場合は、100パーセント毒素の存在が認められます。

ボーンキャビティとは

神経を抜いた歯、根管治療した歯を失活歯といいます

根管治療とは,歯髄が損傷を受けた際、歯髄を除去した後、根管を消毒し、充填することです。虫歯がひどくなった時に歯の神経を取るといいますが、その時の治療のことです。根管治療については、アメリカ歯科医師会の元調査部長で歯科医師であったウェストン・プライスのの研究が有名です。同氏によると、腎臓及び心臓を患っている患者に根管治療をした歯がある場合、その歯を取り除くと、ほとんど場合それらの疾患は治癒するというのです。さらに興味深いのは、その抜かれた歯を動物の体内に挿入すると歯を抜かれた患者と同じ病気がその動物に生じるというのです。失活歯の歯質は細菌や消毒剤によって汚染されています。

アメリカの急進的な歯科医師の中には、根管治療をした歯は抜歯すべきであると主張する人がいますが、根管治療をした歯を抜くべきか否かは抜歯以外の方法(ホメオパシー)で害を取り除くことができるかどうか、よく吟味した上で決めるべきでしょう。これも EAVで測定することにより判断することができます。

口腔内細菌や病巣と健康の関係について詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

歯周病と深刻な健康障害

予防管理型歯科医院

 

 

歯科医療はデトックスとアンチエイジングの盲点!!

口から入る毒を経口毒と言います。皮膚から入る毒を経皮毒と言います。
口から入った経口毒は9割身体から出ていくと言われていますが、皮膚からしみ込んだ経皮毒は体内に9割残ると言われています。経皮毒が怖いのです。

経皮毒にはシャンプー、トリートメント、ヘアケアー、整髪料、化粧品、日焼け止め、ボディローション、制汗スプレー、虫よけスプレー、香水などがあ ります。経皮毒の中でも特に歯磨き剤と、うがい薬は口腔粘膜、特に舌下から吸収しやすいです。歯磨き剤こそ身体に優しいものを使うことをおすすめします。

このYOU TUBEをご覧ください。

「経皮毒」について紹介されています。

「合成洗剤」について紹介されています。

経皮毒について詳しくはこちらへ

 

 

経皮毒について詳しくはこちらへ

 

従って当院では、天然成分100%水歯磨き剤をお薦めしています。身体に優しいだけではなく,吐き出しても環境(川や海)を汚染しません。しかも,抗菌作用が非常に高い歯周病の特効薬です。

あなたは,歯磨き剤を飲み込むことができますか?
この歯磨き剤は飲み込んでも安全です。

 

毒性歯科金属除去や適切な歯磨き剤の使用など、歯科的デトックスや経皮毒への対応を行なった後、必要であれば併設ミキコクリニックと連携し、内科的デトックスも行なっています。

このような毒性歯科金属除去や適切な歯磨き剤の選択は、非常に効果的なデトックスでアンチエイジングにつながります。

アメリカで900万部も売れ大ベストセラーとなった著書、  
『病気にならない人は知っている:幻冬舎出版』 にもこれらの項目が含まれています。

※画像クリックで拡大します。


著書の新聞広告

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト