2019.11.09

かぶせた前歯の歯茎が黒ずんでいる

「以前かぶせた前歯の歯茎が
黒ずんでいるのですが
何とかなりませんか?」

このようなご相談を受ける
ことがあります。

どんな状態かというと、
次のような状態です。


左上側切歯のかぶせものの根元に
近い歯肉が黒ずんでいます。

この場合のように、
かぶせ物の下で
歯肉が黒ずんでくるのは、
歯肉がやせてきたことと、
かぶせものに金属を
使用していることが
原因と考えられます。

また、一部金属が
歯肉にしみ込んでいたり、
変色した歯根が出ていて、
それが黒っぽく見えている
こともあります。

いずれにしても
改善するためには
金属のかぶせものを
金属を使用しないかぶせものに
やりかえることが必要になります。

次回からは実際の治療について
掲載していきます。

_____________

話せる歯科医サイト
ブログ更新のお知らせ

患者さんとの
コミュニケーションは
エビデンスだけではなく、
あいまいな要素も必要です。
そのバランスがとても大事で
難しいのです。

内藤が、話せる歯科医という
コンセプトをつくり、
歯科医療コミュニケーション
についてや、歯科医と患者さんの
ギャップを埋めるための内容を、
等身大でお伝えしています。

話せる歯科医サイト

https://hanaseru-naito.com/

毎週更新していきますので
ぜひ読んでみて下さい。

【今週の配信】
11月4日(月)配信
話せるブログ第37回 感性&思考
「診断と治療の結果のつじつまが合わないとき」

11月7日(木)配信
教えて内藤先生第37回
「治療がうまいかどうかは判断できるの?」

もし記事に対してご意見やご質問など頂けたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。

2019.11.02

歯根破折の診断実例

前回、状況証拠をそろえて、
歯根破折を診断していくと
掲載しました。

それは例えばこんな感じです。

患者さんは、
右下の歯が調子が悪い訴えられています。


右下第二小臼歯(写真真ん中)の
歯肉に膿の出口がありました。
部位的には、歯根の長さの
1/2くらいの位置です。
(複数個ではありませんが。)

レントゲンをみてみます。

明らかな破折は認めませんが、
根管治療がしてあり、
長い金属のスクリューが入っています。

歯根が割れていることを疑い、
歯周組織検査をします。

割れているならこの辺で深いはず。
どうでしょうか?
えいっ。

7~8mmくらい入りました。
これが一か所のみ深い歯周ポケットです。

状況証拠がそろった。
患者さんの自覚症状もある。

そうすると、
歯科医からこう言われることになるんです。

「この歯はたぶん割れているので
抜いた方が良いですよ。」って。

歯根が割れている=抜歯

というわけではありませんが、
良好な予後が見込めなければ
抜歯という選択肢が出てきても
おかしくはありません。

歯科医に今の状態や選択肢を
良く聞いて、自分が納得できる
治療方針を選んでいきましょう。

ちなみに、
上記の患者さんは、
抜歯することになりました。

抜いた歯は、
細菌感染が拡がっており、
かなりの悪臭がしていました。

そして抜いた歯をよく見てみると、

ちょうど、歯周ポケットが
深かった位置に一致して、
亀裂線が入っていました。

_____________

話せる歯科医サイト
ブログ更新のお知らせ

患者さんとの
コミュニケーションは
エビデンスだけではなく、
あいまいな要素も必要です。
そのバランスがとても大事で
難しいのです。

内藤が、話せる歯科医という
コンセプトをつくり、
歯科医療コミュニケーション
についてや、歯科医と患者さんの
ギャップを埋めるための内容を、
等身大でお伝えしています。

話せる歯科医サイト

https://hanaseru-naito.com/

毎週更新していきますので
ぜひ読んでみて下さい。

【今週の配信】
10月28日(月)配信
話せるブログ第36回 物語
「アゴがゆがんできた!?
低いかぶせものが引き起こした問題(あとがき)」

10月31日(木)配信
教えて内藤先生第36回
「信頼できるかどうかをどうやって判断するの?」

もし記事に対してご意見やご質問など頂けたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。

2019.10.27

歯根破折の診断に必要な状況証拠

歯の根がいつ割れるかを
予測することは難しいと
前回掲載しました。

でも、今割れているかどうかを
診断することは重要です。
これもすべてを正確に
診断することは難しいですが、
いくつかの指標で
歯科医はその歯根が割れているか
どうかを診断していきます。

明らかに歯根が割れていることが
目で見えたり、
レントゲン写真で割れていることが
明らかな場合もあります。
このように視覚的に分かる場合は、
確定です。

ただ視覚的に、
明らかに割れていると
分からない場合には、
状況証拠から歯根が
割れていると推察していく
ことになります。

その状況証拠とは、
①根管治療をしている歯
(神経を取った歯)であること。

②長く太い土台が入っていること。
(特に金属製のもの)

③一か所のみ深い歯周ポケットがあること。

④膿の出口が根尖付近ではないこと。
(複数個所ある場合にはより
可能性が高い)

①~④がそろっている場合には、
歯根が割れている可能性が
とても高いと思われます。

次回は実際の例を掲載します。

_____________

話せる歯科医サイト
ブログ更新のお知らせ

患者さんとの
コミュニケーションは
エビデンスだけではなく、
あいまいな要素も必要です。
そのバランスがとても大事で
難しいのです。

内藤が、話せる歯科医という
コンセプトをつくり、
歯科医療コミュニケーション
についてや、歯科医と患者さんの
ギャップを埋めるための内容を、
等身大でお伝えしています。

話せる歯科医サイト

https://hanaseru-naito.com/

毎週更新していきますので
ぜひ読んでみて下さい。

【先週の配信】
10月21日(月)配信
話せるブログ第35回 物語
「アゴがゆがんできた!?
低いかぶせものが引き起こした問題(最終話)」

10月24日(木)配信
教えて内藤先生第35回
「その歯科医を信用するの?信頼するの?」                    」

もし記事に対してご意見やご質問など頂けたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。

2019.10.20

歯根がいつ割れるかは予測が難しい。

前回、歯根が割れている状況
がどんな状態かを掲載しました。

下の写真のような感じでした。

このような歯根が割れることを
事前に予測できるかというと
とても難しいのが現状です。

今だと、顕微鏡などで
細かな破折線をみるとこも
可能ですが、
かぶせものの下や、
歯肉の下だとみえません。

レントゲン写真でも
亀裂くらいでは
わかりません。
定期的に撮っていても
なかなか難しいのです。

例えば、写真で示した歯は
左上第二小臼歯なのですが、
症状が出たときに撮った
レントゲン写真では、
変化をみることができます。
(右から3番目、根尖周囲に
透過像がみえます)

1年前のレントゲン写真を
振り返ってみると、これ。

左上第二大臼歯のつめものの下に
虫歯があり、治療しましたが、
このとき、破折については、
疑っていませんでした。

さらにその1年前はこれ。

このときも、破折については
疑っていませんでした。
左上第二大臼歯の
つめものの下の虫歯も
はっきりせず特別何も異常はなしと
判断していました。

しかし、その2年後には、
完全に歯根が割れていることが判明。

金属の土台が入っていると
歯根が割れやすいのですが、
この歯が2年後には割れて
抜歯することになるとは
申し訳ありませんが、
予想ができなかったですね。

_____________

話せる歯科医サイト
ブログ更新のお知らせ

患者さんとの
コミュニケーションは
エビデンスだけではなく、
あいまいな要素も必要です。
そのバランスがとても大事で
難しいのです。

内藤が、話せる歯科医という
コンセプトをつくり、
歯科医療コミュニケーション
についてや、歯科医と患者さんの
ギャップを埋めるための内容を、
等身大でお伝えしています。

話せる歯科医サイト

https://hanaseru-naito.com/

毎週更新していきますので
ぜひ読んでみて下さい。

【先週の配信】
10月14日(月)配信
話せるブログ第34回 物語
「アゴがゆがんできた!?
低いかぶせものが引き起こした問題(第5話)」

10月17日(木)配信
教えて内藤先生第34回
「その歯科医は善人?それとも悪人?」

もし記事に対してご意見やご質問など頂けたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。

2019.10.12

歯根が割れているとはどんな状態か?

「歯根が割れているから
抜かないといけません。」

歯科医からこのように
言われたことがあるかもしれません。

歯根が割れているというのは
どんな状態でしょうか?

色んな割れ方がありますが、
もし歯科医がそんなに迷いなく
歯を抜くことをお勧めするなら
垂直的に割れている可能性が高いです。

下の写真のような感じです。

歯根の真ん中に
縦に亀裂線が入っているのが
わかるでしょうか?

このような状況であると
良い状態で歯を使うことが
難しいので歯科医から
歯を抜くことをお勧めされると思います。

でも割れているかどうかを
歯科医は一体どうやって
判断しているのでしょうか?

_____________

話せる歯科医サイト
ブログ更新のお知らせ

内藤が、話せる歯科医という
コンセプトをつくり、
歯科医療のコミュニケーション
についてや、歯科医と患者さんの
ギャップを埋めるための内容を、
個人サイトでお伝えしています。

話せる歯科医サイト

https://hanaseru-naito.com/

毎週更新していきますので
ぜひ読んでみて下さい。

【先週の配信】
10月7日(月)配信
話せるブログ第33回 物語
「アゴがゆがんできた!?
低いかぶせものが引き起こした問題(第4話)」

10月10日(木)配信
教えて内藤先生第33回
「レントゲン写真て必要なの?」

もし記事に対してご意見やご質問など頂けたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト