2020.01.11

歯を削った方が良い場合もある?

できるだけ歯を削られたくない。

そうご希望される患者さんは
どんどん増えているような気がします。

歯を削ると、
元に戻りませんので、
その判断を慎重に行うことは
とても重要です。

ただ一方で、
目的を見失わないことも
大事だと思っています。

確かに歯をむやみに削ることは
良くないのですが、
削って治療する方が結果が
良いことがあるのも事実だからです。

たとえば、次のようなケース。

左上の犬歯と第一小臼歯の虫歯。

削らないで治療してください
という患者さんのご希望。

私たちは、
そのご希望を
そのまま受け入れません。

ただ虫歯を進行させない
ということが目的であれば、
削らないでも達成できるかもしれません。

ただそれでもこのままの条件で
進行させないようにするには、
相当な努力が必要です。

どんな結果を目指しているのかにも
よりますが、虫歯を治し、
失われた歯の形をきちんと回復させて、
それを良い状態で長く持たせることが
目的だとしたら、
やはりある程度削って
条件を整えてあげる方が良いかと思います。
見た目もできるだけ良くしたいのであれば、
なおさらです。

この患者さんとは、
良くお話し合いをして、
この2本の歯については、
削る治療を選択することにしました。

左上第一大臼歯の
感染歯質(虫歯になっている部分)を
取り除くと、次のようになりました。

ほとんど根っこだけのような状態に
なってしまいましたが、
歯髄(歯の神経)は露出していませんので、
歯髄は保存して、ここから修復をしていきます。

かぶせ物を入れる前の状態を示します。

手前の左上犬歯の虫歯部分も、
患者さんの了解を得たので、
黒い部分を取り除き、
修復しました。

左上第一小臼歯にかぶせ物を入れて、
2本の歯の治療は終了しました。

歯の形や機能、
衛生状態も改善され、
患者さんもとても満足されたようです。

どんな状況でも
絶対これが正しいという
一つの選択肢はなく、
削らないという、
一見正しそうな選択すら、
必ずしも正解とは限らないのです。

2019.12.21

その歯科医はどこまでみえているか?

歯科医として漠然と
働いていると
目で見て判断することに
どんどん偏っていく気がします。

そうなると、
目にみえていない現象を
とらえ、理解することが
とてもむずかしくなります。

目でみて壊れているものを
治すことを繰り返す。
その効率を重視し、
その作業を繰り返す。

するといつしか思考停止し、
目でみえないものは
なかなか理解できないし、
考えられなくなる。

目でみえている現象が
なぜそうなっているのかが
みえてこない。

実はこうなると、
目でみえている現象も
ちゃんとみえてきません。

 

ではちゃんとみえるためには
何が必要でしょうか?

 

それが、今目でみえている
現象からみえていない現象
までを捉えること。
推察すること。

すると、
目でみえている現象も
さらに良くみえてきます。

良くみえるためには、
目にみえていない部分までみることが
とても大事だと言えます。

どこまでみえているのか?

このレベルは、
歯科医の腕のレベルだと言っても
過言ではないと思います。

2019.12.14

年末の大仕事

早いもので、
もうすぐ今年も終わります。

年々時間が経つのが
早く感じるようになっています。

本当に早くなっていませんか?(*_*)

 

私はこの時期になると
とても忙しくなります。

それは毎年必ずやっていることがあるからです。

それは、
一緒に働いてくれているスタッフに、
一言メッセージカードを送ること。
ちょっとしたプレゼントとともに。

以前、歯科医も
言葉を磨くことが大事だと
書いたことがあります。

1年を振り返り、
スタッフ一人ひとりにあわせて
メッセージを送ることは、
言葉を磨く良い訓練になっています。

と、今年からそう思うようにしました。

(正直今まではあまり深く
考えていませんでしたが、
意味を持たせた方がより楽しいかと。)

それにもう一つ、
これをやっていて思うことは、

気の利いた一言を書くためには、
その人の働きを良く観察する必要
があるということ。

スタッフ一人ひとりをよく観察して、
その人の頑張っていることを
言語化する。

それを自分からの感謝の意味も含めて
短い文章で表現する。

今年で9年目になるから、
もう9回目になります。

その継続は、
自分の言葉を確実に
磨いてくれているはず。

2019.12.07

レントゲンで歯の周りが黒く抜けている場合の治療経過

今回は、
根管治療(神経の治療)を
するかどうか悩む場合の2つ目、
虫歯治療でつめ物がしてある

歯の周囲に病変がある
(レントゲン写真で歯の周りが
黒く抜けている)ときの
実際の治療経過についてです。

まずは次のようなケース。
レントゲン写真を示します。

左下第二大臼歯(写真一番右の歯)に
レジン充填(プラスチックのつめもの)
がしてありますが、
そんなに深くありません。

根尖周囲が黒く抜けてみえます。
歯はぐらついていました。(動揺度2)

他院歯科では神経を取るか、
歯を抜くかというお話があったようです。
患者さんは、
できるだけ歯を抜きたくない
ということで当院に来院されました。

当院では、
歯周病治療と、
咬み合わせの調整を行い、
経過を診ることにしました。

1年後どうなったでしょうか?

1年後のレントゲン写真がこれ。

根尖周囲の黒く抜けている部分が
無くなりました。
歯のぐらつきもなくなりました。

根管治療(神経の治療)をすることなく
改善してきました。
1年前の時点で、
根管治療や抜歯を
していなくて良かったです。

また別に、次のようなケース。

右下第一大臼歯の写真です。
分岐部(歯の根と根の間の部分)の
歯肉が腫れて膿が出ているのと
ここの歯周ポケットだけが
深い状態です。

レントゲン写真はこれです。

分岐部や根尖周囲まで
黒く抜けているように見えます。
ただ金属のつめ物が入っていますが、

神経までは距離があるようにみえます。

患者さんはいつもここが
調子悪いんだと言っています。
別なある歯科医には
治りにくい歯周病の分岐部病変か
歯が割れている可能性もあるから
歯を抜いた方が良いかもしれないと
言われたとのこと。

当院でもまずは歯周病の分岐部病変
を疑い、歯周病治療を行いました。

1年後どうなったでしょうか?

1年後のレントゲン写真がこれ。

改善せず、
むしろ悪化していました。

歯の周りの黒く抜けている範囲が
拡がってきています。

このままでは、
改善しませんので、
この歯には、
根管治療(神経の治療)を
行いました。

根管治療後の歯の様子がこれ。
土台を立てたところ。

腫れはひいています。
分岐部にあった深い歯周ポケットも
改善しました。

根管治療してから
1年後のレントゲン写真がこれ。

歯の周りの黒く抜けていた部分が
無くなりました。
状態は改善してきています。

今回のケースでは、
根管治療(神経の治療)を
行うことが、良い結果につながりました。

必要なときには、
速やかに、
そして丁寧に、
根管治療を行うことも
重要ですね。

2019.11.30

虫歯が深くて痛みが強いときの治療経過

前回、神経を取るかどうか
悩むときがあるということを
掲載しました。

どんなとき悩むかというと、
次のようなとき。

①虫歯が深くて痛みが強いとき
(何もしなくてもズキズキする、
咬んだら痛いなど)

②虫歯治療でつめ物がしてある
歯の周囲に病変がある。
(レントゲン写真で歯の周りが
黒く抜けている)

今回は、1つ目の、
虫歯が深くて痛みが強い

(何もしなくてもズキズキする、
咬んだら痛いなど)ときの
実際の治療経過を掲載します。

まずはこれです。
右上の歯が痛くて眠れない、
咬んだら痛いという患者さん。



レントゲン写真はこれ。

右上第一大臼歯(写真左の歯)にも
大きな虫歯がありますが、
今回の痛みの原因は、
右上第一および第二小臼歯
(写真右2本の歯)の虫歯だと
判断し、治療開始。

ただどちらも、すぐに神経を取ることはせず、
神経を残すための治療を行いました。
治療後のレントゲン写真がこれ。

一時痛みは治まりましたが、
右上第一小臼歯は、咬んだら痛いとのこと。
良くみると、根尖(根の先)に
病変(黒い影)が認められます。

この時点で、細菌感染が根の先まで
拡がっていると判断し、
根管治療を行いました。

右上第二小臼歯は、
神経を残し修復治療、
右上第一小臼歯は、
根管治療を行いました。

根管治療後のレントゲン写真がこれ。


根管治療後に、

その歯にはかぶせものを入れて、
右上第一大臼歯も、
神経を残して修復治療を行いました。

どの歯が痛みの原因で、
どの歯は神経を残し、
どの歯は神経を取るか。

患者さんは、
強い痛みを訴えていて、
全部神経抜いて
良いから早くこの痛みを
何とかしてほしいと。

結局1本は、
細菌感染が根の先まで拡がって、
神経は死んでしまったため、
神経の治療(根管治療)を
することになりましたが、
その他の歯は、神経を残すことができました。

ただ、
この歯の治療が終わった時点で、
患者さんは来院されなくなり、
その後の経過を追うことは
できていません。

経過が悪くないことを
祈るばかりです。

 

次のケースです。

左上の奥歯が何もしなくても
ズキズキして痛いと訴え
来られた患者さん。
16歳の高校生。


左上第一大臼歯に深そうな虫歯が
認められます。

レントゲン写真がこれです。

やはりその歯には
神経にかなり近い(ほぼ接している)
深い虫歯が認められます。

神経を取れば、
今困っている強い痛みは取れますが、
まだ若い今の時期に
神経を取ることは
後から後悔します。
残せるならばできるだけ神経を
残した方が良いので
そのための治療を行っていきました。

治療後のレントゲン写真がこれ。

その1年後のレントゲン写真がこれ。

隣の歯の治療も必要になりましたが、
どちらも神経を残したまま
経過は良好です。

定期メインテナンスにも
まじめに通ってくれています。
できるだけ良い状態を
維持したいですね。

 

次回は、
神経の治療をするかどうか
悩む場合の2つ目、
虫歯治療でつめ物がしてある

歯の周囲に病変がある
(レントゲン写真で歯の周りが
黒く抜けている)ときの
実際の治療経過について

掲載する予定です。

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト