ニッケルクロムは発がん性物質です

__保健金属の一つであるニッケル・クロム合金は、発がん性物質です。また、EUの規制に先行して、クロムを含む材料の使用をソニーが全廃するというニュースも報じられました。(画像をクリックすると拡大します。)

発がん性物質が保健の歯科治療で口の中に入っているわけです。

当院でニッケル・クロムの金属を外した瞬間に、それまで長年苦しんでいた症状が改善したケースがたくさんあります。

ニッケル、クロムは超微量なら必須ミネラルとして身体に必要な物質なのですが、かたまりで入れてしまうと多すぎるため発ガン性物質となってしまいます。

銀合金は口の中で酸化します

_銀合金もまた、保健適用の金属として使用されていますが、例えば銀の食器やアクセサリーを想像してみてください。時間が経つとすぐに色が黒ずんできてしまいますよね?あれと同じことが、当然銀合金の金属でも起こります。

口の中は、常に湿っていていつも高い温度が保たれています。酸化して錆びやすく、すぐに黒色になる銀を、口の中という過酷な環境で使用すると、歯ぐきを黒く変色させたり、溶出の危険があるため、歯科金属としては使うべきでないと当院では考えています。

 

口腔内毒性歯科材料(特に金属)

保険金属

アマルガム
水銀を50%含むアマルガムの害は本や新聞などでも取り上げられています。海外では訴訟の対象にもなっている金属です。
>>詳しくはこちら
金銀パラジウム合金
ある金属アレルギー検査では、約半数の人に陽性反応が出る金属です。ドイツの保健省では、歯科業界に対して金銀パラジウム合金とアマルガムを使用しないように勧告しています。
>>詳しくはこちら
ニッケルクロム合金
ニッケルクロムは発がん性物質を含んでいるため、歯科金属としての使用は適していません。
>>詳しくはこちら
銀合金
酸化して錆びやすく、すぐに黒色になる銀を、口の中という過酷な環境で使用すると、歯ぐきを黒く変色させたり、溶出の危険があるため、歯科金属としては使うべきでないと当院では考えています。
>>詳しくはこちら


自費の金属

14K・18K・20Kなどの金合金
金の場合、24Kが純金です。たとえば18Kなら、24K−18K=6K この6K分が金以外の成分です。この残りの金属が身体に合わないことがあります。
>>身体に優しい金属 高カラット金プラチナ合金について
チタン
身体によい優れた材料のように言われていますが、利点の「硬い」ということが歯科においてはデメリットになっています。 また、対合歯(噛み合う相手の歯)を傷めたり、取ろうと思ってもなかなか除去できなかったり、アレルギーは減りますが、電磁波を集めるという負の特性があります。


ノンメタル

硬さや色や技工上の操作性をよくするために、その素材だけでなく、なんらかの不純物が混じっています。そのため、身体に合わない場合もあります。

セラミック
樹脂(=レジン)
ハイブリッドセラミック(セラミックと樹脂の混合物)
グラスファイバー
ジルコニア
セメント
せっかく身体に合ういい歯科金属を選んでも、歯と金属をくっつけるセメントが体に合っていなければ台無しです。セメントにも金属が含まれています。

歯科治療

インプラント
当院では行っておりません。世間一般では米・日の歯科ではインプラントが浸透してきています。インプラントを入れたために調子が悪くなった患者が来院してインプラントの電気を放電したら体調が良くなった症例を経験しています。自分の歯のように噛めるインプラントも魅力です。デメリットを伝えた上で希望される方にはインプラント治療が出来る先生を紹介しています。
義歯(入れ歯)
義歯の材料にも金属が含まれているため、体に合わない金属が使われている可能性があります。