患者さんの体にたずねる診断法 __

バイ デジタル O-リングテスト(Bi-Digital O-Ring Test――以下O-リングテストと表記します)は、ニューヨーク心臓病研究所所長の大村恵昭博士が考案した方法で、生体そのものをセンサーとして、生体内の情報を指の筋力変化から検出する方法です。

「生体は極めて敏感なセンサーで、毒物を近づけたり体に合わない薬剤を手に持たせたりすると、筋肉の緊張が低下し、逆に有効な薬剤では緊張が良好に保たれる」という原理に基づいています。また、「身体の異常のある部分に触れたり、刺激を加えることによっても同様に筋力が低下する」ということも、O-リングテストの特徴です。

O-リングテストは補助的な医学診断法としてとらえることができますが、
「体の中の異常部分の発見」
「異常の原因としての細菌、ウイルス、ガン、重金属などの検出」
「投与する薬剤の種類、分量などの適切な判断」
などができます。

基本的なO−リングテストの判定方法
●被験者(患者)の片手の親指と、他の指で輪(O−リング)を作ります。
●検者が、両手の指をこの間の中に入れて開こうとするとき、抵抗して指を開かせまいとする被験者の
  指の力の強弱を判定します。
●この時O-リングが開かない場合をプラス、開く場合をマイナスとして大きく開くほど異常があると判定
  されます。
●個々人の指の力の差による判定のばらつきを避けるために、また、子どもやお年寄りなど、指に十分
  な力が入らない場合など、間に第三者を入れて検査を行います。

O−リングテストの有効性
(1) 同じ病気や症状であっても、その程度や原因、体質は、患者個人個人によりそれぞれ異なります。バイデジタル・オーリングテストは従来の医学データによる知識を個人個人の状態に適切に応用することができ、その人にとって最適の診療・処置を選ぶことができます

(2) 投与する薬剤の種類・分量などは、医学的なデータにより標準的な処方のガイドラインがありますが、それが全ての人に適していると限りません。薬剤の適量は個々人により皆異なると言えます。バイデジタル・オーリングテストは一人一人の患者の状態を的確にとらえ、より最適な処方や薬剤の分量を選ぶことが可能になります。

(3) また、薬剤が標的とする患部に届いているかどうかの判定はその薬剤の効果に大きく影響しますが、従来の検査では、医学的にそのことを調べることは簡単ではありません。ガン組織などある種の病巣部には薬剤の流入が妨げられている場合もあります。バイデジタル・オーリングテストを用いることによって薬剤が確実に患部や標的とする部分に届いているかを判定することができます。また、大村博士によれば、もし薬剤がそれらの部分に届いていない場合でも、漢方薬、鍼治療、手の臓器代表領域のマッサージ,歯科的アプローチ(かみ合わせの調整、不適材料の除去など)などにより、標的とする部分に薬剤を届かせることが可能となります。

(4) 診療の現場においては現在進行中の処置がどのように患者に影響を与えているかを確かめ、その結果をフィードバックし、さらに最適な処置を選択していく必要があります。現在の医学的検査に比べると、バイデジタル・オーリングテストによる診断は即時性があり、その場での診断が可能になります。それによりスピーディーで対応力のある診療ができます。

アプライドキネシオロジーとは?
アプライドキネシオロジー バイデジタル・オーリングテストは、アプライドキネシオロジーをベースにした診断方法です。アプライドキネシオロジー(Applied kinesiology)とは応用運動機能学と訳されます。1963年、アメリカのカイロドクターであるジョージ・グッドハートによって開発されました。グッドハート氏は、からだの筋肉に対応する臓器の診断や治療としてアプライドキネシオロジーを研究していきました。筋肉反射テストによって、身体機能を検査する診断、治療のシステムといってもいいでしょう。やがてアプライドキネシオロジーを基盤として、筋力を応用した診断法や治療法が、アメリカからヨーロッパやオーストラリアやアジアなど世界中に広がっていきました。

そのひとつが、指の力――握力を利用した0−リングテストというわけです。アプライドキネシオロジーを「患者さんの体にたずねる診断法」と私は解釈しています。例えば、噛み合わせを治すと、姿勢が良くなることがわかっていますが、これもアプライドキネシオロジーといえるでしょう。要するに歯と全身はつながっていますから患者さんの筋肉の状態を診ながら行う診断を広い意味でアプライドキネシオロジーととらわれているわけです。アプライドキネシオロジーの代表的な診断法は、0−リングテストをはじめとする筋力を応用したもの、筋の柔らかさを応用したもの、皮膚触感を利用したものがあげられます。私の考えるアプライドキネシオロジーの分類は次の通りです。

(1) 筋力の増減を応用したもの
● 0−リングテスト(握力を応用したもの)
● 狭義のアプライドキネシオロジー(三角筋《肩から上腕の上部にかけて、肩甲骨、鎖骨,上腕骨を結ぶ三角形の筋肉》を利用したもの)

(2) 筋の柔軟性を応用したもの
● ラセッグテスト・SLR・前屈テスト(ハムストリング筋群を利用したもの)
● パトリックテスト・AKAにおけるFebere(大腿内転筋群を利用したもの)
● AKAにおけるfadirf(大腿外転筋群を利用したもの)
● その他・側屈・後屈など

(3) 皮膚感覚を利用したもの

(4) FT法(指の感覚を利用したもの)

科学的な診断治療+O-リングテストを行ないます
当院では、科学的根拠に基づいた診断、治療に加えて、バイデジタル・オーリングテストを用いて、診断及び治療を行なっています。

バイデジタル・オーリングテストは 世界40カ国で研究、臨床応用されている技術で、アメリカでは知的特許認可(1993年2月23日)が下りており、スウェーデンの医学部では必須科目となっています。バイデジタル・オーリングテストの有用性にについて異論を唱える人もいますが、「生体にたずねる」「無意識下の反応を見逃さない」この手法は世界で認められつつある、診断・治療を選択する際の新しい基準と言えます。

内科で薬を処方するときにもO-リングを活用できます
例えば内科で薬を処方してもらう時のことを考えてみましょう。30種類もある抗生物質の中から患者さんに合う抗生物質を1つだけ選ぶ時、科学的根拠に基づくだけでは1つの薬を選び抜けない場合が多くあります。患者さんの病状に対して、薬理学の知識を総動員して3つまで抗生物質を絞れても、そこから先、1つに絞ることができない時、バイデジタル・オーリングテストを使えば、1つに絞り込む事が出来るのです。

先生のあてずっぽうで3つの中から適当に選ぶのではなく、バイデジタル・オーリングテストを用いる事によって、選ぶ根拠がもう1つ増えるのです。さらには、バイデジタル・オーリングテストは量や飲む間隔まで判定することができます。(抗生物質感受性試験を行なって薬を選ぶ方法もありますが、時間とコストがかかり、その間に病気が進行してしまいます。)

同様に歯科治療でも、バイデジタル・オーリングテストをすることで、患者さんの身体に一番合っている歯科材料(歯の詰め物や被せ物の種類)はどれか、一番いいかみ合わせはどれか、どの歯から治療を始めるべきか、といった事柄を、これまでのように歯科医の経験則や好み、適当な判断ではなく、もう一つの根拠をもって選択することができるのです。

口腔内毒性歯科材料(特に金属)

保険金属

アマルガム
水銀を50%含むアマルガムの害は本や新聞などでも取り上げられています。海外では訴訟の対象にもなっている金属です。
>>詳しくはこちら
金銀パラジウム合金
ある金属アレルギー検査では、約半数の人に陽性反応が出る金属です。ドイツの保健省では、歯科業界に対して金銀パラジウム合金とアマルガムを使用しないように勧告しています。
>>詳しくはこちら
ニッケルクロム合金
ニッケルクロムは発がん性物質を含んでいるため、歯科金属としての使用は適していません。
>>詳しくはこちら
銀合金
酸化して錆びやすく、すぐに黒色になる銀を、口の中という過酷な環境で使用すると、歯ぐきを黒く変色させたり、溶出の危険があるため、歯科金属としては使うべきでないと当院では考えています。
>>詳しくはこちら


自費の金属

14K・18K・20Kなどの金合金
金の場合、24Kが純金です。たとえば18Kなら、24K−18K=6K この6K分が金以外の成分です。この残りの金属が身体に合わないことがあります。
>>身体に優しい金属 高カラット金プラチナ合金について
チタン
身体によい優れた材料のように言われていますが、利点の「硬い」ということが歯科においてはデメリットになっています。 また、対合歯(噛み合う相手の歯)を傷めたり、取ろうと思ってもなかなか除去できなかったり、アレルギーは減りますが、電磁波を集めるという負の特性があります。


ノンメタル

硬さや色や技工上の操作性をよくするために、その素材だけでなく、なんらかの不純物が混じっています。そのため、身体に合わない場合もあります。

セラミック
樹脂(=レジン)
ハイブリッドセラミック(セラミックと樹脂の混合物)
グラスファイバー
ジルコニア
セメント
せっかく身体に合ういい歯科金属を選んでも、歯と金属をくっつけるセメントが体に合っていなければ台無しです。セメントにも金属が含まれています。

歯科治療

インプラント
当院では行っておりません。世間一般では米・日の歯科ではインプラントが浸透してきています。インプラントを入れたために調子が悪くなった患者が来院してインプラントの電気を放電したら体調が良くなった症例を経験しています。自分の歯のように噛めるインプラントも魅力です。デメリットを伝えた上で希望される方にはインプラント治療が出来る先生を紹介しています。
義歯(入れ歯)
義歯の材料にも金属が含まれているため、体に合わない金属が使われている可能性があります。