炎症・膿・感染歯質・感染根管・ボーンキャビティなど病変は全身に悪影響があります

自覚症状がなくても全身に悪影響
歯の神経が死んで根の先に感染した場合は自覚症状が無いものが多く、患者さんがきづかないうちに全身のいろいろなところに悪影響を及ぼします。

ボーンキャビティーとは
歯は骨に直接固定されているわけではなく、歯の側の繊維と骨の側の類似の繊維が相互に絡まって固定されています。ハンモックのような構造が、歯周靭帯と呼ばれるものです。抜歯されるときに、この靭帯が取り除かれないと、正常な治癒が起こらず、結果として穴が残ります。この穴はキャビテーションと呼ばれます。

1966年にアメリカで行われた調査では、抜歯された691例のうち77パーセントにキャビテーションがあったか、完全に治癒していなかったかのどちらかだったとのことです。親不知がいちばん治癒しにくいところで、354例中実に313例にキャビテーションが見られました。キャビテーションは見つけるのが非常にむずかしいものです。日本では、その存在すらあまり知られていません。

このキャビテーションは数ミリから数センチメートルあります。キャビテーションの中にあるものは生体にとって非常に毒性がありますが、幸いなことに、この部分の血液の循環は非常に限られているため、毒素の体内への侵入には時間がかかります。キャビテーション内の毒素が病気の原因になることがありますが、ほとんどの場合は最初に歯の治療をした日からかなりたって異常に気がつきます。

人によってはすぐに反応を起こす場合もあります。キャビテーションの毒素によって引き起こされる病気には多発性硬化症やルーゲーリック病などの自己免疫疾患が多く見られます。キャビテーションの部分をきれいにすることによって、自己免疫疾患が改善されることはめずらしくありません。

根治療したすべての歯が感染しているとは限りませんが、キャビテーションがある場合は、100パーセント毒素の存在が認められます。

失活歯(神経を抜いた歯)
根管治療を行った歯を失活歯といいます。

根管治療とは,歯髄が損傷を受けた際、歯髄を除去した後、根管を消毒し、充填することです。虫歯がひどくなった時に歯の神経を取るといいますが、その時の治療のことです。根管治療については、アメリカ歯科医師会の元調査部長で歯科医師であったウェストン・プライスのの研究が有名です。同氏によると、腎臓及び心臓を患っている患者に根管治療をした歯がある場合、その歯を取り除くと、ほとんど場合それらの疾患は治癒するというのです。さらに興味深いのは、その抜かれた歯を動物の体内に挿入すると歯を抜かれた患者と同じ病気がその動物に生じるというのです。失活歯の歯質は細菌や消毒剤によって汚染されています。

アメリカの急進的な歯科医師の中には、根管治療をした歯は抜歯すべきであると主張する人がいますが、根管治療をした歯を抜くべきか否かは抜歯以外の方法(ホメオパシー)で害を取り除くことができるかどうか、よく吟味した上で決めるべきでしょう。これもEAVで測定することにより判断することができます。
>>EAVについて


トップページに戻る

歯科は、現代医学の盲点です
大学教育で医科と歯科が分離されて教育されたために、多くのお医者さんは歯科のことをあまり考えず、多くの歯科医は歯だけを見ていて、全身のことをあまり考えていないのが現代医学の現状です。
例えば金属アレルギーの場合でも、皮膚科から歯科医に紹介されてくることはめったにありません。ステロイド剤などで治らない患者はさんは歯が原因の可能性があります。

 
体に合わない金属を外すと、症状が劇的に改善します。
身体に合わない詰め物やかぶせ物が口の中に入っていると、このような症状があらわれ、それらの金属を外すことで症状が劇的に改善します。
アトピー性皮膚炎
掌せき膿胞症
肩や首のこり、痛み
頭痛、頭重
腰痛、腰の重み
体の疲れ、倦怠感
耳鳴り・難聴

_

OMSBクリニック
内科医・世界的スポーツトレーナーとのチーム医療
西洋医学と東洋医学を統合し、より効果的で有効な医療を目指し、患者さんの生活の質(QOL)向上や精神面におけるケアなども視野に入れた新しい医療に取り組んでいます。
※左より内科医 中垣美紀子/ 歯科医学博士 中垣直毅/ 世界のトップアスリートを支える世界トップトレーナー・鍼灸師 白石宏

カール・ルイス、ジョン・マッケンローなどのトップアスリートを支えてきた世界のトップトレーナー白石先生の言葉

白石先生の紹介と言葉
>>白石先生の紹介と言葉

 


病院や整体でも良くならない症状が
_
歯を治療することで治っていきます。
_
_

_

中垣歯科医院院長 中垣直毅プロフィール

健康に関わる仕事をする者としての絶対のこだわり

かみ合わせ治療を受けた患者さんの声

積み重ねてきた事実―実績 患者さんの声


海外での毒性金属の扱い
海外でも、毒性金属は非常に大きな問題となっています。

病気にならない人は知っている
病気にならない人は知っている全米900万部の大ベストセラー『病気にならない人は知っている』でも、歯の金属の害や、歯磨き粉の害が指摘されています。

ケヴィン・トルドー著/幻冬舎(画像をクリックすると新聞広告をご覧頂けます)
天然成分100%の水歯磨き剤

パラセルサスクリニック
世界的に有名なスイスのパラセルサスクリニックでは、アマルガムやパラジウム合金といった毒性金属を除去することで、難治性の病気や慢性の病気の治癒に目覚しい効果をあげていて、治療のために世界各国から患者さんがおとずれます。
>>口腔内毒性歯科材料について(特に金属)
ドイツが生んだ世界的治療機器
ドイツが生んだ世界的治療機器、EAVやバイオレゾナンスメソッドにおいても歯科金属の問題は人体に大きな悪影響があると重要視されています。
EAV
バイオレゾナンスメソッド
海外と日本の違い
海外では歯の金属と全身の健康の関連性が注目されており、毒性金属除去の風潮がありますが、日本ではそれらの金属が保険制度で守られているために、過信されています。毒性金属の悪影響は時間を置いて症状が出現するため、歯科金属が原因と気付かずに長年苦しんでいる患者さんが大勢いらっしゃいます。

保険の金属を外した瞬間に…

保険の金属4種類
主に保険で使用される金属は、
アマルガム
金銀パラジウム合金
ニッケルクロム合金
銀合金
の4種類です。
金属を外した瞬間に症状が改善
どの保険金属も、当院で除去した瞬間に、患者さんが長年悩んでいた症状がその場で改善することが頻繁にあります。その効果の大きさには、患者さんだけでなく私たちも毎日驚いています。

身体に合う金属にかえる
保険の金属を外した後は、それぞれの患者さんごとにテストして身体に合う金属を選んでかえていきます。
高カラット金プラチナ合金治療

積み重ねてきた事実―実績 患者さんの声
患者さんの声


保険の金属について
保険適応の金属には
アマルガム
12%金銀パラジウム合金
ニッケルクロム合金
銀合金
があります。全て身体に問題が出ることがあります。当委員で、これらの金属を外した瞬間に、肩こりや頭痛、腰痛などの様々な症状がその場で改善するケースを、数え切れないほど毎日のように経験しています。

 

口の中に潜む恐怖 アマルガム水銀を50%含むアマルガムの害は本や新聞などでも取り上げられています。海外では訴訟の対象にもなっている金属です。
『口の中に潜む恐怖』ダニー・スタインバーグ著/マキノ出版
>>アマルガム
金銀パラジウム合金
ある金属アレルギー検査では、約半数の人に陽性反応が出る金属です。ドイツの保健省では、歯科業界に対して金銀パラジウム合金とアマルガムを使用しないように勧告しています。
>>金銀パラジウム合金
ニッケルクロム合金
ニッケルクロムは発がん性物質を含んでいるため、歯科金属としての使用は適していません。
>>ニッケルクロム合金
銀合金
酸化して錆びやすく、すぐに黒色になる銀を、口の中という過酷な環境で使用すると、歯ぐきを黒く変色させたり、溶出の危険があるため、歯科金属としては使うべきでないと当院では考えています。
>>銀合金
※問題の出方には個人差があります
人によって抵抗力や許容範囲に差があります。今は症状がない人も、数年後、老化や体力が落ちた時に症状が出たり、新たに詰め物が増えることにより、その人の許容限界値を超えた場合に症状が出る場合があります。
口腔内毒性歯科材料(特に金属)
保険金属アマルガム
金銀パラジウム合金
ニッケルクロム合金
銀合金
自費の金属金合金
チタン
ノンメタルの歯科材料・・セラミック
樹脂(=レジン)
ハイブリッドセラミック
グラスファイバー
ジルコニア
セメント
歯科治療に使われる材料
インプラント
入れ歯(義歯)

歯科金属3つの弊害
歯科医院で使われる金属には、大きく3つの弊害があります。
(1)金属イオンが体内に溶出・沈着
(2)電流が発生
(3)電磁波のアンテナとなる

金属イオンが体内に流出・沈着
たとえばアマルガムに含まれる無機水銀などの成分がイオンとして溶解し、徐々に酸化していきます。歯に入っている毒性歯科金属から、体にとって有害な成分が少しずつ体内に溶け出しているのです。デトックス(排毒)とアンチエイジング(抗老化)でまず大事なことはこうした不適合な歯科金属が口の中から除去することです。
金属イオンが体内に流出・沈着。毒性金属が体をむしばむ
>>毒性金属が体をむしばむ
電流が発生
口の中に電気が発生し、電流が停滞することで、自律神経などに何らかの影響を与える可能性があります。慢性的な頭痛、アレルギー疾患などに口の中の電流が関係している可能性が指摘されています。
>>口の中の電流
電磁波のアンテナとなる
歯に詰められた毒性歯科金属は、パソコン、携帯電話、IH電磁調理器、電子レンジなどの電化製品から発生する電磁波のアンテナとなり、免疫力の低下等、身体にさまざまな不調を起こす可能性があります。
>>電磁波

歯は全身に影響を与えます
は、主に4つの点で全身に非常に大きな影響を与えています。
口腔内細菌
歯科材料
かみ合わせ
病変

口腔内細菌(歯周病菌)
歯周病菌などの口腔内細菌は、全身疾患(高血圧、糖尿病、心疾患、動脈硬化、早産、肺炎、ガンなど)に悪影響があります。
口腔内細菌が全身に及ぼす影響
>>口腔内細菌が全身に及ぼす影響
※口腔内細菌に関しては、当院の歯周病専門サイトで詳しく取り上げています。(院長中垣は全身歯科のプロフェッショナルであると同時に歯周病専門医です。)
歯科材料(金属の詰め物・被せ物)
保険金属の溶解→蓄積
金属による電流発生
歯の金属に電磁波が集中
保険の歯科金属は、体に悪影響を及ぼしています。
噛み合わせ
噛み合わせの異常は身体を歪め、体の痛みから神経系統の異常、ホルモン系統の異常まで、さまざまな症状を引き起こして生体のバランスを崩していきます。
>>噛み合わせについて
病変(炎症・膿・感染など)
歯ぐきの炎症、膿、歯の根の先の感染、ボーンキャビティーなどがあると、体に不調を引き起こします。
>>病変について

むし歯予防で健康な将来を
中垣歯科医院開院当時から、歯を越えた全身の愁訴、例えば肩こり、めまい、アレルギーといった症状を抱える患者さんが医院に来られました。
>>むし歯予防で健康な将来を

半分が水銀の金属が口の中に
アマルガムの悪い影響が10年も経ってから出てくるケースもあります。アマルガムを外した瞬間に肩こりや頭痛が楽になる患者さんが多くいらっしゃいます。
歯の金属間に発生する微弱電流
口の中に発生する電流が、身体に悪い影響を与える場合もあります。

パラジウムが携帯電話のアンテナに
アマルガムだけではなく、保険のニッケル・クロム合金金銀パラジウム合金という金属が電磁波のアンテナとなり、身体に悪い影響を与えます。

むし歯の予防が大事です
詰め物を増やさないために、むし歯の予防が非常に大切になってきます。どうするとむし歯になりやすくなってしまうのか、正しい情報を知って正しく予防しましょう。
飲食回数が増えるとむし歯になる
食べ物の甘さではなく、飲食回数が増えるとむし歯になりやすくなります。今から予防を始めれば、むし歯の本数も詰め物の数も、将来残せる歯の数も全く変わってきます。
>>むし歯予防で健康な将来を

オーリングテスト

当院では、バイデジタル・オーリングテストを補助的な医学診断法として活用しています。
「体の中の異常部分の発見」 「異常の原因としての細菌、ウイルス、ガン、重金属などの検出」 「投与する薬剤の種類、分量などの適切な判断」 などができます。


毛髪検査で有害金属の蓄積度合いが分かります
最近話題のデトックス(排毒)やアンチエイジング(抗老化)。体内に蓄積した有害金属が、肥満、イライラ、便秘、しみ、老化などの原因となっています。まず口腔内毒性歯科材料(特に金属)の除去から始めましょう。有害金属の蓄積は、老化の大きな要因の1つです。
>>毛髪検査

毛髪検査で分かること
・有害ミネラルの蓄積度
・必須ミネラルの過不足
・身体の傾向
・食事のアドバイス

※当院では、歯科医師として法的に定められた範囲内で、科学的根拠に基づいた治療を行なっております。
※歯科での使用が認められている材料のうち、身体に悪い影響を与える可能性があるとされている物を除いた中で、一人一人の患者さんごとに、その人に一番合った材料を使っています。

このページの一番上に戻る

トップページに戻る