2020.01.11

歯を削った方が良い場合もある?

できるだけ歯を削られたくない。

そうご希望される患者さんは
どんどん増えているような気がします。

歯を削ると、
元に戻りませんので、
その判断を慎重に行うことは
とても重要です。

ただ一方で、
目的を見失わないことも
大事だと思っています。

確かに歯をむやみに削ることは
良くないのですが、
削って治療する方が結果が
良いことがあるのも事実だからです。

たとえば、次のようなケース。

左上の犬歯と第一小臼歯の虫歯。

削らないで治療してください
という患者さんのご希望。

私たちは、
そのご希望を
そのまま受け入れません。

ただ虫歯を進行させない
ということが目的であれば、
削らないでも達成できるかもしれません。

ただそれでもこのままの条件で
進行させないようにするには、
相当な努力が必要です。

どんな結果を目指しているのかにも
よりますが、虫歯を治し、
失われた歯の形をきちんと回復させて、
それを良い状態で長く持たせることが
目的だとしたら、
やはりある程度削って
条件を整えてあげる方が良いかと思います。
見た目もできるだけ良くしたいのであれば、
なおさらです。

この患者さんとは、
良くお話し合いをして、
この2本の歯については、
削る治療を選択することにしました。

左上第一大臼歯の
感染歯質(虫歯になっている部分)を
取り除くと、次のようになりました。

ほとんど根っこだけのような状態に
なってしまいましたが、
歯髄(歯の神経)は露出していませんので、
歯髄は保存して、ここから修復をしていきます。

かぶせ物を入れる前の状態を示します。

手前の左上犬歯の虫歯部分も、
患者さんの了解を得たので、
黒い部分を取り除き、
修復しました。

左上第一小臼歯にかぶせ物を入れて、
2本の歯の治療は終了しました。

歯の形や機能、
衛生状態も改善され、
患者さんもとても満足されたようです。

どんな状況でも
絶対これが正しいという
一つの選択肢はなく、
削らないという、
一見正しそうな選択すら、
必ずしも正解とは限らないのです。

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト