2020.01.11

歯を削った方が良い場合もある?

できるだけ歯を削られたくない。

そうご希望される患者さんは
どんどん増えているような気がします。

歯を削ると、
元に戻りませんので、
その判断を慎重に行うことは
とても重要です。

ただ一方で、
目的を見失わないことも
大事だと思っています。

確かに歯をむやみに削ることは
良くないのですが、
削って治療する方が結果が
良いことがあるのも事実だからです。

たとえば、次のようなケース。

左上の犬歯と第一小臼歯の虫歯。

削らないで治療してください
という患者さんのご希望。

私たちは、
そのご希望を
そのまま受け入れません。

ただ虫歯を進行させない
ということが目的であれば、
削らないでも達成できるかもしれません。

ただそれでもこのままの条件で
進行させないようにするには、
相当な努力が必要です。

どんな結果を目指しているのかにも
よりますが、虫歯を治し、
失われた歯の形をきちんと回復させて、
それを良い状態で長く持たせることが
目的だとしたら、
やはりある程度削って
条件を整えてあげる方が良いかと思います。
見た目もできるだけ良くしたいのであれば、
なおさらです。

この患者さんとは、
良くお話し合いをして、
この2本の歯については、
削る治療を選択することにしました。

左上第一大臼歯の
感染歯質(虫歯になっている部分)を
取り除くと、次のようになりました。

ほとんど根っこだけのような状態に
なってしまいましたが、
歯髄(歯の神経)は露出していませんので、
歯髄は保存して、ここから修復をしていきます。

かぶせ物を入れる前の状態を示します。

手前の左上犬歯の虫歯部分も、
患者さんの了解を得たので、
黒い部分を取り除き、
修復しました。

左上第一小臼歯にかぶせ物を入れて、
2本の歯の治療は終了しました。

歯の形や機能、
衛生状態も改善され、
患者さんもとても満足されたようです。

どんな状況でも
絶対これが正しいという
一つの選択肢はなく、
削らないという、
一見正しそうな選択すら、
必ずしも正解とは限らないのです。

2019.03.15

わたしはどうしたら良いの?

「わたしは一体どうしたら良いのでしょうか?」
こう悩む患者さんが増えている気がします。

インターネットの普及により、
様々な情報が手に入るようになりました。
それに伴い、患者さんの知識レベルは
昔に比べると高くなっていると思います。

ただそれによって、
患者さんには選択肢が増えることになり、
以前より迷う患者さんが多くなったように思います。

情報があまりない時代は、
目の前の歯科医の言っていることを
信じるしかありませんでした。

今は調べたら他の歯科医の情報や患者さんの情報など、
容易に手に入れることができるようになりました。

セカンドオピニオンという言葉も普及し、
別な医師の意見を求める患者さんも増えてきました。

ところが次のように悩むことになります。

A歯科医にはこう言われたけど本当だろうか?
ネットで調べてみる。
どうも違う意見があることを知る。

だからB歯科医に意見を求めた。
そしてB歯科医にはA歯科医と違うことを言われた。

ネットで調べてみる。
どちらの意見もある。
状況によるらしい。
自分はどっちが良いのだろうか?

だからC歯科医にも聞いてみた。
C歯科医はまた別な意見を言ってきた。

みんな言っていることが違う。
ネット調べる。色んな人が色んなことを言っている。
でも自分の答えはわからない。

わたしは一体どうしたら良いんだろうか?

それに対するわたしの答え。

それは、
歯科医療の治療方針に決まった答えはないということ。
患者さん一人ひとり違うものだと考えています。
その患者さんのその時の状況で、
何が最も良いのかを一緒に決めていくしかありません。

歯科治療には、メリットがありますが、
必ずデメリットもついてきます。

だからどんなデメリットを受け入れて、
どんなメリットを手に入れていくかを決めなければならないのです。

迷った人が決定するためには、
自分の価値観や状況を考えながら、
それらの自分への影響度を整理していく必要があります。

影響度を整理するとは、
自分はどんなメリットあるいはデメリットを
重要視しているのかを見つける作業です。
それが分かると決断しやすくなり、
後悔も少なくなります。

上述したA歯科医もB歯科医も、
そしてC歯科医も、
嘘を言っているわけではありません。
だけど、それぞれが強調している部分が違うのだと思います。

どのメリット、あるいはデメリットを強調されるかで、
患者さんの受け取り方は全然変わってきますから。
でもそれはあり得ることなんです。
それは、歯科医も自分たちの価値観で話をすることになるからです。

答えを決めてほしいなら、
自分が信じれるだれかの価値観で決めてもらったら良いと思います。

でも誰を信じたらよいかわからない、
自分で答えを決めたい、
一緒に決めたいと思う場合には、
納得できる決断を支援してくれる人と決めていくと良いと思います。

一つの正しい答えはありません。
だからその患者さんのそのタイミングでの、
よりベターな答えを見つけていくしかないのです。

2018.08.08

価値のある仕事

今の時代、専門家でなくても、
自分の欲しい医学的、
歯科医学的専門知識について、
探せば簡単にたくさんの情報を手に入れることができます。

多くの歯科医院がホームページを持ち、
歯科医療への考え方や治療について情報発信していたり、
学会が作成したガイドラインなどもネット上で見ることができます。

つまり、歯科医療のような専門的な問題でも
探せばどこかに答えは載っているということ。

でもそれは、一般論としての答え、
あるいは、自分以外の別な誰かに対しての答え。

しかし、探している人が最も欲しいのは、
一般論や他人の答えではなく、
非現実的な理想の答えでもなく、
「私の場合はどうしたら良いのか?」という
リアルワールドにおける自分自身の最善の答えなのではないでしょうか?

そして、そのような個別の答えは、
専門的な情報だけではなく、
お互いの価値観や環境などによっても
ダイナミックに変化していくものであり、
双方向性のコミュニケーションを通してのみ得られるものだと思います。

最近では、多くの患者さんがご自分で、
あるいはご家族が様々な情報を調べ吟味し、
専門的知識のレベルが本当に高くなっていると感じます。

そんな患者さん達には、
専門的情報をそのまま提供することに
あまり価値が無くなってきている気がします。

だから私達は、
直接お会いした患者さんには、
専門的情報を一方的に提供するのではなく、
私達が持つ専門的情報やコンセプトを
患者さんの文脈につなぎ合わせ、
患者さんにとって個別で最善の答えを探していく支援をします。

患者さんの中には、
自分の答えは自分で決めたい方もいれば、
答えを決めてもらいたい方もいます。

でも実は一番多いのは、
答えを一緒に決めたいという人なのです。

どの決め方が正解ということはありませんが、
このような決め方も含めて患者さんの文脈にあった形を考える必要があります。

現在のような情報が溢れている時代でも、
患者さんが探しているのは、自分自身の答え。

そして求められているのは、
その答えに辿り着くための情報と支援。

その患者さんにとって
必要な専門的情報を分かりやすい形で届け、
さらにその先の患者さんの答えに
至るまでのプロセスを支援できることが、
私達歯科医療者の仕事として、
とても価値のあるものだと思います。

2018.02.21

患者さんの満足度を決める要因

患者さんの満足度を
決めている要因は何なのか?

それが分かれば私達歯科医療者は、
患者さんの満足度を高めるために
正しい努力をしていくことができます。

それが分からなければ
努力の方向性を間違えてしまう
可能性があります。

私は、患者さんの満足度は、
実際に提供する歯科医療の内容と
それにあわせたコミュニケーションの
掛け算によって決まると考えています。

歯科医療の内容×歯科医療コミュニケーション=患者満足度

したがって患者さんにとって
良い歯科医療を提供し、
満足して頂くためには、
どちらも同じくらい重要なものであり、
どちらのレベルが低くても
患者さんの高い満足は得られません。

実際に、
歯科医療の内容はレベルが低くても、
高いコミュニケーション能力を
持っている歯科医師は、
患者満足度が高く人気があったり、
逆に、腕は確か(内容のレベルが高い)
なのに、コミュニケーションレベルが
低く、患者満足度が低い歯科医師もいます。

私達歯科医療者は、
歯科医療内容のレベルを上げるために
知識や技術の研鑽に意識がいきますが、
患者さんの役に立ち
喜んでもらうためには、
提供する歯科医療の内容だけでなく、
コミュニケーションレベルも
上がらなくてはならないということを
意識しておかなければなりません。

ただ本来は、
実際に提供する歯科医療内容の
レベルが高ければ、
それに併せて
コミュニケーションのレベルも
高くならないといけないと思っています。

というよりも、
歯科医療内容のレベルが高いからこそ、
レベルの高いコミュニケーションが
取れるようになるし、
歯科医療コミュニケーションの
レベルが上がると、実際の
歯科医療内容のレベルも上がっていく。

この二つは相乗効果のあるもの
だと考えています。
だから私が考えている
歯科医療コミュニケーションの
レベルの高さとは、ただ単に
人当たりが良いとか、
優しいとかいうものではありません。

ではレベルの高い歯科医療
コミュニケーションとは何なのか?

どんな歯科医療コミュニケーションが良いのか?

その問いは、
自分が一生懸命考えている
大きなテーマですが、
正直な所、正解はないのだと思います。
人それぞれ違った
コミュニケーションの形が
あるのだと思います。

ただ一つ言える大事なことは、
自分の頭で考え悩みながら、
自分に合ったコミュニケーションの
形にたどり着くことだと考えています。

2016.10.10

虫歯診断の精度を上げる

先日、できるだけ削らない
虫歯治療には、3つのことが
必要だと書きました。

①削る前の虫歯のマネジメント(原因療法と再石灰化療法)

②削るか削らないかの適切な診断

③削る場合のミニマルインターベンション(最小限の侵襲)

できるだけ削らない虫歯治療を
行う場合には、
②の診断が
非常に重要で、難しくなると言えます。

削らずに経過を診ていたら、
内側でかなり進行している
という場合があるからです。

虫歯として怪しいものは
すぐに削る治療を行う
というような場合よりも、
虫歯の見逃しが多くなってしまう
というジレンマがあります。

できるだけ削らない虫歯治療を
行う場合には、このような
進行虫歯の見逃しを
避けなければなりません。

私達が目指す目的は、
虫歯を削らないことではなく、
私達の介入により、
その歯をできるだけ良い状態で
長持ちさせることです。

従って、削った方が良い場合には、
的確に診断し、勇気を持って
削る決断をしなければなりません。

しかし、その診断は非常に難しい
場合がありますので、
私達は、いくつかその診断基準を
持つようにしています。

その一つとして、当院では
デジタル画像診断器を用いています。
当院では、
いくつか診断器の種類がありますが、
最近は、ケスラースカムという
画像診断器を用いることも
増えてきています。

これは、虫歯菌の産生する
ポルフィリンという物質を
検出して虫歯の範囲と深さを
画像と数値で検出してくれます。

5720-v-20160916185803_3_vlmacukoafp

この歯にケスラースカムを
使用すると次のようになります。

5720-v-20160916185854_3_vufrwscjc7m2

数値が1.5以上の部位は、
進行虫歯で、再石灰化は
難しい部分だと考えられています。

従って、虫歯を削ることを
選択することになります。

もちろん、
これがすべてではありませんが、
有益な情報となります。

また、患者さんにとっても、
なぜ削らなければならないかを
視覚的に認識できるので、
分かりやすくて安心する
という声を頂いています。

色が着いてるだけなのか、
本当に除去しなければならない
虫歯なのかを根拠を持って診断できます。

%e5%ae%89%e8%97%a4_%e6%9d%a5%e6%9c%9b_2

 

 

4376-v-20160819162647_3_vpizwgd3jxt

 

このようにケスラースカムを
用いることにより、
虫歯診断の精度が上がりました。

『本当に歯を削らなければなりませんか?』

という患者さんの疑問に、
今までよりも明確さを与えた
回答ができるようになりました。

削る必要がある場合には、
ミニマルインターベンションの
概念の下、できるだけ削る量を
減らした治療を行います。

当院では、
このような進行虫歯に対しても、
ドリルを使用せずに、
痛みなく治療することが
できるようになりました。

その治療方法については
また機会があればご紹介致します。

参考)

中垣歯科医院スマホサイト(削らない虫歯治療ページ)

http://www.n-dc.com/sp/cavity.html

 

このページのトップへ

中垣歯科医院モバイルサイト